ダービーインパクト攻略裏ワザ

ダービーインパクト 配合理論 インブリード

Dメダルを無料でもらう裏ワザはこちら

 

ダービーインパクトのインブリードとは競馬界では一般的な近親交配のことです。

 

活躍した牡馬の血を近い世代で混ぜるとその種牡馬の能力を引き出す交配方法になります。

 

インブリードは血統内に同一牡馬がいると発生
馬の血統表に赤い文字で表示されているのはインブリード関係にある種牡馬。インブリードは競走馬の父と母の4代前までの血統内に、それぞれ同一の種牡馬がいると発生する血統由来の配合理論です。

 

能力への影響が大きい反面、マイナス効果もありかなり奥が深いです。

 

血統の因子を理解して能力アップ
各種牡馬は最大2つの因子を持ち、インブリードがうまく成立すると、それぞれの持つ因子の効果が、産駒の能力に対して発揮されます。因子には以下11種あり、気難などマイナス効果のものもあります。また各因子の効果も3段階あり、能力の高い馬のほうが、効果の強い因子を持つケースが多いです。

 

インブリード効果 効果の説明
スピード スピードが上がる。競走馬の命ともいえる速さがアップ
スタミナ スタミナが上がる。スタミナが低いと後半ばてる
瞬発力 加速力が上がる。鞭を入れてから最高速度に達するまでの時間が短縮
気難 気性が悪くなる。産駒に落ち着きがなくなるマイナス因子。気性難の略
根性 競り合いに強くなる。ゴール前の直線コースでのたたき合いで伸びてくる
成長持続 全盛期が長くなる。全盛期のピーク後の衰退期までの期間が伸びる
ダート ダートに強くなる。芝よりもダートに強い競走馬になりやすくなる
早熟 成長のピークの時期が早くなる。若いうちに本領を発揮する
晩成 成長のピークの時期が遅くなる。年老いてから本領を発揮する
短距離 短距離のレースに強いスプリンターになる
長距離 長距離のレースに強いスプリンターになる

 

配合理論2 ラインブリードとアウトブリード