ダービーインパクト攻略裏ワザ

ダービーインパクト 天皇賞(春)

Dメダルを無料でもらう裏ワザはこちら

 

ダービーインパクトの天皇賞(春)の配合理論を攻略します。

 

晩成上等 スタミナと得意距離をどう伸ばすか

長距離馬の独壇場といえる天皇賞(春)は、流行のスピード血統を重ねていっても勝利するのはひと苦労です。4歳や5歳での出走が可能であることを念頭に置き、晩成ステイヤーの血もうまく使って勝利を目指そう。

 

目標レースの基本データ

・天皇賞(春)
コース:芝
回り:右回り
距離:3200m
レース時期:4歳上(4月)

 

活用したい種牡馬

 

メジロマックイーン
得意な距離が2000mから3600mという、完全なステイヤー血統の種牡馬。SS系やノーザンダサーに連なる系統など、現代で主流の血統がまった入っていないため、ほとんどの配合でアウトブリートになる。

 

強力な黄金配合の母父としても使えるので、牝馬はぜひ繁殖に。

 

ナリタブライアン
初心者用ログインスタンプの20日目景品のレンタル種牡馬として、入手しやすいAAランク種牡馬。距離の上限が2800mであるため、天皇賞(春)も十分に守備範囲です。三冠配合で得意距離の延長を図ることもできる。
活躍期間が短くなる三冠でなく、デメリットの少ない殿堂配合を狙うのもよい。

 

ミドガル×ミスプロ系×SS系での配合例@

父:オルフェーヴル
母父:エイシンフラッシュ

 

爆発力の高い組み合わせ、とんでもない逸材がでるか!?
ミドガルズオルムに最初に付けるエイシンフラッシュは基本的な能力が高く、ダブルニックスしか成立しなくても素質A以上の産駒が期待できる。AA以上が産まれたら、優秀な騎手も活用して殿堂や三冠馬を目指してみよう。

 

上記の牡馬で首尾よく好成績を獲得できたら、三冠の称号を持つオルフェーブルを付けてさらなる良馬を期待。ここで殿堂十三冠馬のディープインパクトを選ぶのも手です。

 

ミドガル×ミスプロ系×SS系での配合例A

父:ハーツクライ
母父:ワークフォース

 

4歳で春秋天皇賞制覇も決して夢ではない配合
1代目のミドガルズオルム×ワークフォースの配合では、ラインブリードが成立。ワークフォースの爆発力Aとあわせれば、驚くほど能力の高い仔が産まれる可能性がある。そうしてできた繁殖牝馬に、晩成のSS系ステイヤー、ハーツクライを付ければ、スピードとスタミナを兼ね備えた、春の天皇賞にふさわしい競走馬の誕生が期待できる。

 

全盛期が短くなった場合は4歳の春に勝負をかけよう。