ダービーインパクト攻略裏ワザ

ダービーインパクト 配合理論を理解しよう

Dメダルを無料でもらう裏ワザ

 

ダービーインパクトの競争馬は基本的に両親の能力を受け継いで産まれます。そのほかに産駒に影響を及ぼす配合理論も多いです。

 

産駒の能力に影響する6つの配合理論

 

ダービーインパクトで採用されている配合理論は、血統由来のものと、親の実績・能力由来のものの2つに分れます。

 

血統ベースはインブリード、らいんぶりーど、アウトブリード、ニックス。親の実績や能力ベースが代重ね配合を含む特殊配合です。

 

どの配合理論が成立しているかは産出する段階で表示されます。ただし具体的な効果までは分かりません。

 

競走馬の能力を左右する要素は大きく分けて3つ

 

競走馬を自家生産するときに注目するべき点は大きく分けて3つあります。

 

それが親の能力と血統と実績です。プラス要素以外にもマイナス要素もあるのでしっかり覚えておきましょう。

 

両親の能力

最も大きく影響するのは両親の持つ能力です。両親とも能力が高ければ、単純に強い競走馬が産まれやすいです。

 

高い能力の自家生産馬で代を重ねると発生する配合理論もあります。

 

血統

4代前までの血統では血の重なり具合や系統の重なり具合などで様々な効果を発揮する配合理論があります。同一種牡馬や同系統の血が濃すぎる場合、弊害も起こりうるのが難点です。

 

両親の実績

凱旋門などの海外レースや、クラシック三冠などに勝利を収めた実績を両親が持っていると発生する配合理論もあります。

 

あくまで両親の成績ベースで発生するため理解しやすいです。

 

種付け時の牧場長のコメントで発生する配合理論が分かります。

 

種付け時は、牧場長は的確なコメントをします。手持ちの種牡馬を全頭確認するのもいいでしょう。

 

配合理論1 インブリード

 

配合理論2 ラインブリードとアウトブリード